大峯山 神泉洞の水」が、毎日飲めるウォーターサーバーの特徴について調べました。
  天然水ウォーターサーバー80度のお湯と10度の冷水がいつでも利用できます。夏場だと、特にお子様がいるご家庭では、冷蔵庫に麦茶や冷水を多く用意しなくてはなりません。しかし、ウォーターサーバーがあれば、お子様でもご自分でご自由に好きなだけ飲めますよね。水道水を加工した加工水道水ではなく、天然湧出のミネラルウォーターですので、育ち盛りのお子様や、残留塩素に反応があるアトピー体質の方にも特におすすめできるのです。


  また、80度の天然水も出湯可能で、お茶やコーヒーもすぐに風味豊かに楽しむことが出来るのです。最近では二階や寝室に設置する方も多いそうです。深夜にお水が飲みたくなった場合でもすぐに手元で飲むことができ、非常に便利ですよね。

 

会社でも利用価値は高いようです。突然の来訪者があってもすぐにお飲み物をお出しすることが可能ですから、ポットのお湯の管理は不要になります。また、ウォーターサーバー本体には紙コップホルダーが装着でき、不特定の方が利用される環境でも使用できるそうです。

 
  医療機関、美容院、エステサロン、ヘアーサロン、マッサージ、各種ショールームなどのお店や、企業の従業員への福利厚生としての利用も増えているそうです。電源さえあれば水道施設のない場所への設置が可能なので、工事現場事務所や新築住宅現地案内所などでの利用もあるようです。

 

また、本来の使い方のほかに、災害時の備蓄水としても活躍するとのこと。この天然水ウォーターサーバーは水の重力で出水するので、災害時に停電状態になっても、冷・温水の機能は停止しても、水の出水は可能だとのことです。

阪神大震災の際は、火災の消防活動に消火栓から水道を大量使用したために、地区によっては震災後から1時間で給水が停止したそうです。一般に成人で一日2.5リットルの水が必要といわれています。救援体制が整う最初の3日間、常に新鮮な水の備蓄があれば、災害時にも大切なご家族の命を救うことができることもあるでしょう。