ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに対する考え方は非常に厳格で、採水地環境の管理と保全状況、原水の状態のままで製品化されているか(人為的な加工がされていないか)について問われます。

つまり、原水を加工したり、熱処理を加えたりしたものは、ナチュラルミネラルウォーターとしては失格なのです。「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用は、ヨーロッパでは、生のまま、なんらの処理もせず飲める水だけが出来ます。

 

一方、日本の場合は食品衛生の観点から、除菌処理を義務付けてきたことが輸入障壁となっていました。そして、ヨーロッパ諸国からの圧力で無除菌・無殺菌ミネラルウォーターの法的整備を急ぐことになったのです。その結果、一定の条件下で無除菌・無殺菌のミネラルウォーターの輸入が認められるようになったのです。

現在では輸入ミネラルウォーターのうち、特定の採水条件で一定の水質のものは無除菌・無殺菌でも販売が認められています。そして、国産品に関していえば「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用の条件としては、除菌方法が沈殿、ろ過、加熱処理のもので、水質検査に合格したものが製造基準となるのです。

「ナチュラル」の語句を使用せずに、単に「ミネラルウォーター」として製造する場合は複数の異なった水源が認められています。また、オゾン処理や紫外線殺菌などの処理方法が認められており、「ボトルドウォーター」として製造する場合は飲用可能であれば原水が井戸水や水道水であっても製造が認められています。(スーパーの大型機械で小売されている水がこの類です。)

 濾過による処理方式は加熱処理に比べて製造コストがかかりますが、風味をほとんど損なわず除菌できる処理方法なのです。現在、おいしいと評されるミネラルウォーターの多くは非加熱処理、濾過による処理方式が一般的です。

大峯山 神泉洞の水」も非熱処理で細菌レベル以下に対応する0.1ミクロンのミクロフィルターで原水を処理しています。それゆえに、「ナチュラル」な天然水の風味とミネラル分をみごとに残したまま、製品化することができているのです。