わたしがおすすめしている「大峯山神泉洞の水」は、知り合いのお宅に伺った時にいただいて、そのおいしさを実感しました。なんでこんなに他のお水と違うのか、掘り下げて調べたかったので、わかった範囲での特徴を報告していきます。

家庭用浄水器やRO水(ほぼ完全に不純物をろ過した水)は確かに元の水道水よりもおいしい水を得ることができます。ところが、出てくる水は河川水から製造された水道水に変わりないのです。また、性能の高い浄水器ほど交換用フィルターのお値段が高くついてしまいます。(フィルターの価格は一本約2万円。フィルターの価格の高いものは性能が高く、安いものは化学物質の除去能力はないに等しい。)
  浄水器のフィルターを交換せずに使用を続けると、汚れたフィルターに細菌が繁殖して、元の水道水の水質より悪くなるという問題も起こるのです。
  良質な水源のミネラルウォーターだと、河川水由来の水道水とは違い、飲用の為に水を特別に加工するという考え方そのものが必要無く、近年問題となっている発がん性物質のトリハロメタンやダイオキシン、環境ホルモンなどとも無縁といえます。

「大峯山 神泉洞の水」は名水のうまさをそのまま楽しめるように、設備コストの高い、ろ過方式による製造をしているそうです。ろ過方式でなく、加熱方式を採用すれば、設備コストは安くなりますが、製品は湯冷ましになってしまいます。そうなると、風味・成分が変わってしまうので、せっかくの名水のうまさが台無しになってしまうのです。少しでも名水の味を保ちたいために「大峯山 神泉洞の水」は製造方法にもこだわっているとのことです。

「大峯山神泉洞の水」が、最近飲んだお水のなかで一番おいしかったので、ウォーターサーバーの設置をしようかと考えているところです。水道水の加工品や、風味の損なわれたミネラルウォーターなら、お金を出してまで飲みたくはないですよね。