お水を飲むということは、私たちの体にとって、とても大切なことです。

 

<健康のために水を飲む>

人間の体内には、多くの水が含まれていることは皆さんご存知かと思います。ですから、水を飲むことが健康につながるというのは、自然なことではないでしょうか。体内での水の働きは、幾つかあります。一つは、血液に関係することです。二つ目は、栄養と排泄に関することです。三つ目は、体温の調整です。そして、体内のコントロールです。

<水と血液の関係>

人間の体から失われていく水は、一日あたり2リットルとも言われています。ですから、水分が失われていくと、血液の濃度が高くなると言われています。例えば、水分の量の少ないカレーについて思い起こしてください。水分が少なくなるほど、サラサラではなくドロッとしてくるのではないでしょうか・・・カレーであればそれで良いかもしれませんが、血液の場合はそうはいきません。ドロドロの血液は、病気の原因につながるからです。身近にも、脳梗塞や脳血栓で倒れた方がいらっしゃるかもしれませんが、その原因は血液のドロドロ具合と言えるでしょう。

<水と栄養循環と排泄>

体内に取り入れられた水は、体内を循環する過程で、様々な栄養素をからだ中に運ぶことになります。ですから、体内の水が不足していくならば、栄養循環が上手くいかなくなり、健康に支障がでるでしょう。加えて、その際には排泄物を運ぶ役割も担っているのです。この場合も、水が不足するならば、排泄機能が上手く働くことなく、体内に毒素がたまることになってしまうでしょう。どちらにしても、健康とは遠くなってしまうのです。

<水と体温調整>

人間は暑いと汗をかきますね。もちろん、緊張などにより冷や汗をかくこともありますが・・・この汗をかくという行為は、水のある性質を用いて行なわれています。それは、水が温まりやすく、冷めにくいという性質のことです。この性質を用いて、体温の調整を行い、体温の上昇を止め、下げるために汗をかくことがあるのです。ですから、汗をかいた状態のまま、水分補給をしないならば、体温調節が上手くいかなくなり、熱中症や脱水症状などの症状に陥ってしまいます。

 

<水と体内コントロール>

食事によって、多くの栄養を取るときに、それがどのように分解されるか考えたことがあるでしょうか・・・胃液や胆汁などによる分解が行なわれていくのです。しかし、忘れていけないのは、これらすべて水が大元になっているということです。ですから、多くの栄養が分解され、変化していく過程には水が用いられているのです。そのようにして、体に必要な栄養素に変化され、体内の栄養コントロールが行なわれるのです。

ミネラルウォーターは、カルシウムヤマグネシウム、カリウムなどの含有量によって多くの種類があります。その中から自分にあったものを選ぶことによって、ミネラルの不足からくる病気の予防になります。また、水には鎮静作用があるとされていて、ストレスを感じたときにゆっくり水を飲むと気分が落ち着いてきます。夜なかなか眠れないなどの不眠にもカルシウムを多く含んだ常温のミネラルウォーターを少しずつ飲むと安眠効果があるとされています。健康によいとされる水は、飲むばかりではなく、料理にも利用することにより、より効果が高まります。

  ミネラルウォーターや天然水が体に良いとわかっていても、普段から飲む習慣をつけることは、なかなか難しいですよね。現在、様々な業者が宅配ウォーターサーバーを提供しています。冷水だけでなく、温水もすぐに出てくるタイプのものが多く、シーズンを問わずとても便利、かつお手軽においしいミネラルウォーターや天然水を飲むことができるようになりました。お水を定期的に注文していれば、ウォーターサーバーのレンタル料はかからないという、お得なところもあります。お水って、かなり重いし宅配してもらえたら、ずっと飲み続けられそうではありませんか。