天然水だいすき

天然水について、思いつくままに綴っていきます。

おいしさの裏づけ

 ミネラルウォーターに含まれる、ミネラルの特徴はざっと以下の通りです。

・ナトリウム・・・塩化ナトリウムは塩辛さ、硫酸ナトリウムは渋                                みが感じられる。

・カルシウム・・・のど越しのよさ、まったり感。含有量が多すぎ                    ると重い感じがする。

・マグネシウム・・・含有量が多すぎると苦味が出る。

・カリウム・・・味を引き締めます。


  ナトリウムやマグネシウムは、はっきりと味覚で感じられます。それゆえ、これらが突出して大量に含まれる水は口の中に後味を残してしまい、飲みづらい味になってしまいます。ミネラルの摂取を主目的として、マグネシウムの含有量の多い後味の苦い硬水を選ぶか、水の味を優先して軟水を選ぶかはお水を飲む目的によって変わってきます。

 

おいしい水を求めるならマグネシウム分が少ないもの、飲み水からミネラル補給をされたい方は多少後味が苦くても、ミネラル含有量が少しでも多い水を探してみてください。味を楽しむ、飲み水としてのミネラルウォーターを考えるなら、苦味や渋みがない水のほうが良いですよね。

 

 水の硬度は水質を表すひとつの指標で、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの総量のことです。簡単な求め方は、1リットル中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計量をそれと同じ働きをする炭酸カルシウムの量に変換する方法です。

硬度を求めたいミネラルウォーターの成分表示から、カルシウムとマグネシウムの1リットルあたりの量を下の計算式に当てはめて計算すると求めることができます。(最近は100mlの成分表記が一般的です。この場合はそれぞれ10倍してください。)

 

硬度=(カルシウム×2.5)(マグネシウム×4.1)

 

一般的に、硬度が100を超えると中硬水に分類されます。ですが、理化学辞典では硬度0から177までを軟水としています。WHO世界保健機関では60mg/lから中程度の軟水と定義されているようです。

 

  19854月に厚生省が発表した「おいしい水の要件」の硬度によると、おいしい水は10mg/lから100mg/lの硬度のものとされています。硬度の低い軟水はくせがなく、硬度の高い硬水は人により好き嫌いが出やすいようです。

  日本で製造販売されている、ほとんどのミネラルウォーターは軟水か中硬水で日本人の口にあったものです。
 「
大峯山 神泉洞の水」は硬度30の軟水、pH7.7の弱アルカリ性で軟水に慣れた日本人の味覚に最適な硬度といえます。苦味の強く出るマグネシウムの含有量が少なく、苦くない飲みやすいミネラルウォーターなのです。

ナチュラルな天然水

 ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに対する考え方は非常に厳格で、採水地環境の管理と保全状況、原水の状態のままで製品化されているか(人為的な加工がされていないか)について問われます。

つまり、原水を加工したり、熱処理を加えたりしたものは、ナチュラルミネラルウォーターとしては失格なのです。「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用は、ヨーロッパでは、生のまま、なんらの処理もせず飲める水だけが出来ます。

 

一方、日本の場合は食品衛生の観点から、除菌処理を義務付けてきたことが輸入障壁となっていました。そして、ヨーロッパ諸国からの圧力で無除菌・無殺菌ミネラルウォーターの法的整備を急ぐことになったのです。その結果、一定の条件下で無除菌・無殺菌のミネラルウォーターの輸入が認められるようになったのです。

現在では輸入ミネラルウォーターのうち、特定の採水条件で一定の水質のものは無除菌・無殺菌でも販売が認められています。そして、国産品に関していえば「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用の条件としては、除菌方法が沈殿、ろ過、加熱処理のもので、水質検査に合格したものが製造基準となるのです。

「ナチュラル」の語句を使用せずに、単に「ミネラルウォーター」として製造する場合は複数の異なった水源が認められています。また、オゾン処理や紫外線殺菌などの処理方法が認められており、「ボトルドウォーター」として製造する場合は飲用可能であれば原水が井戸水や水道水であっても製造が認められています。(スーパーの大型機械で小売されている水がこの類です。)

 濾過による処理方式は加熱処理に比べて製造コストがかかりますが、風味をほとんど損なわず除菌できる処理方法なのです。現在、おいしいと評されるミネラルウォーターの多くは非加熱処理、濾過による処理方式が一般的です。

大峯山 神泉洞の水」も非熱処理で細菌レベル以下に対応する0.1ミクロンのミクロフィルターで原水を処理しています。それゆえに、「ナチュラル」な天然水の風味とミネラル分をみごとに残したまま、製品化することができているのです。

こだわりの製造方法

わたしがおすすめしている「大峯山神泉洞の水」は、知り合いのお宅に伺った時にいただいて、そのおいしさを実感しました。なんでこんなに他のお水と違うのか、掘り下げて調べたかったので、わかった範囲での特徴を報告していきます。

家庭用浄水器やRO水(ほぼ完全に不純物をろ過した水)は確かに元の水道水よりもおいしい水を得ることができます。ところが、出てくる水は河川水から製造された水道水に変わりないのです。また、性能の高い浄水器ほど交換用フィルターのお値段が高くついてしまいます。(フィルターの価格は一本約2万円。フィルターの価格の高いものは性能が高く、安いものは化学物質の除去能力はないに等しい。)
  浄水器のフィルターを交換せずに使用を続けると、汚れたフィルターに細菌が繁殖して、元の水道水の水質より悪くなるという問題も起こるのです。
  良質な水源のミネラルウォーターだと、河川水由来の水道水とは違い、飲用の為に水を特別に加工するという考え方そのものが必要無く、近年問題となっている発がん性物質のトリハロメタンやダイオキシン、環境ホルモンなどとも無縁といえます。

「大峯山 神泉洞の水」は名水のうまさをそのまま楽しめるように、設備コストの高い、ろ過方式による製造をしているそうです。ろ過方式でなく、加熱方式を採用すれば、設備コストは安くなりますが、製品は湯冷ましになってしまいます。そうなると、風味・成分が変わってしまうので、せっかくの名水のうまさが台無しになってしまうのです。少しでも名水の味を保ちたいために「大峯山 神泉洞の水」は製造方法にもこだわっているとのことです。

「大峯山神泉洞の水」が、最近飲んだお水のなかで一番おいしかったので、ウォーターサーバーの設置をしようかと考えているところです。水道水の加工品や、風味の損なわれたミネラルウォーターなら、お金を出してまで飲みたくはないですよね。

 

プロフィール

rainbow

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ